某の乙女ゲーム遊戯録

アラサー喪女の乙女ゲーム堪能記録。

真紅の焔 真田忍法帳 霧隠才蔵 感想

才蔵さんの感想いきます。文字をつらつら長々スタイルです。たまにスクショあり。ネタバレ注意

⇒攻略はこちら(真紅の焔 霧隠才蔵 攻略)

⇒感想一覧ページへ

霧隠才蔵 個別ルート感想

f:id:soregashix:20180711001405j:plain

怪しい。とにかく怪しい人だった。(褒め言葉)

 

すみません、本記事は雑草の多生にも注意です。色々とツボにはまったキャラでした。

才蔵さんは初見時から個人的に顔面が一番好きなキャラです。口元のホクロが殺しに来てる。

 

しょっぱなに貰えるスチルから怪しい雰囲気に。この時は才蔵さんもくノ一は便利だから手駒にしておきたい~くらいにしかヒロインのことを見てませんね。好みであるというのは本当っぽい。この方嘘をさらっとつくのもうまいんですよね。嘘の中に本当を混ぜてくるからどれが嘘でどれが本気か分かり辛い人です。女性に対しては時代背景もあるのでしょうが、欲を満たすための道具くらいにしか思ってなさそうだなと感じました。

 

才蔵はヒロインのことを初対面時から「使おう」としてきます。というか実際に初対面で敵の手の内を読む最善手~とかなんとか言われて敵に特攻させられていいように使われた。

ただのいじわるではないんですよね。才蔵さんはとにかく利益主義で合理的な考え方で動いている人だなというのが序盤~中盤の印象でした。

そして口癖のようにくノ一勧誘してくる。もはや語尾。笑

 

隙あらば襲おうとしてくる所には笑ってしまいましたwwwwどきどきもするんですが!大坂城同行のための勝負の後も「勝者の特権」とかいってすかさず良からぬことを働こうとしてくるし、任務中になんかしてくるし!

大砲調査の任務中のあれはぞくぞくしましたね(*´Д`)妖艶すぎんよ~

ある程度仲も深まった状態で修行のために九度山に戻ってきて屋敷に2人きりになった初めの晩でもヒロインにものすごい警戒されて部屋につっかえ棒+様子まで見に行かれる才蔵さん。自業自得である。笑

 

そしてここ。

f:id:soregashix:20180711004601j:plain
どこ触ったんですか教えてください。くわしく。

 

大坂城入りして間もない頃、ヒロインが「皆さんのお役に立てるでしょうか」と尋ねたときに「当たり前だ」と返してきたことにはびっくりしました。ここで少し才蔵さんへの見方が変わりました。別にひねくれてるわけではないんですよね。本当に悪いと思ったら謝るし感謝の言葉もわりと素直に述べてくれます。最後の告白シーンにもそれは顕れていました。

「己の信条に正直に生きてる」と自己評価してましたが、その通り。曲がりくねってるように見えてものすっごい真っすぐな人でした。隠す必要のないことは本心ではっきり言ってくれます。信繁に対する信もしっかりと心底にあって、自分の信じるものに間違いはないと断言できる姿勢が素敵でした。

 

それから途中の戦闘で「オレに惚れたか」とか言いながら登場する才蔵さんwwww自信家なのかナルシストなのかもう分っかんねえ。この時点でだいぶ私のツボにはまってました。

 

皆によいしょされる才蔵さん。持ち上げられていると自覚しているのに最終的にこれ。

f:id:soregashix:20180711004656j:plain

f:id:soregashix:20180711004646j:plain

ちょろかった。鎌之介のこと言えませんよ。物語終盤にはヒロインにも「案外単純かも」的なこと思われてました。ばれてますよ才蔵さん!だんだん怪しい人からただの愉快なお兄さんなんじゃないかと思い始めてきた。

 

と思ってたらまだそんなに好感度深めてる訳でもない2回目の融仙院との戦闘中(まだ輪を回す前の所)に「絶対に無理はするなよ」とか言ってくれる~~~~~~~。

直後の真田丸での合戦でも「離れたら守ってやれなくなるから離れるなよ」的なこと言ってくれる~~~~~~~~~。

この時点で才蔵さんのヒロインちゃんに対する好感度はまあまあ高いんじゃないでしょうか。何たって好みではあるわけですし。

 

輪を回した代償は「存在が薄くなること」存在が薄くなること…?悪いとは思いつつ真田帳に表示された字面がシュールすぎて少し笑った。幻の6人目ですか。

物理的にミスディレクションする才蔵さん。本当の意味で空気(霧)になってた。

そして「霧隠れの術」使用時の瞳孔かっぴらいたお顔が素敵でした。

 

九度山修行では才蔵さんの努力家な一面が見られました。影でものすっごい努力するタイプの人だった。ここで完全にヒロインは落ちたなと思います。

才蔵自身の心境にもこの修行でだいぶ変化があったように感じます。ヒロインへの興味や好感度は初めからあったと思うのですが、徐々に「信頼」が生まれていった感じでしょうか。その信頼が今度は愛情に変わっていきます。

 

この方も自分の目的のためにとにかく一直線の方でした。

仇討ちが最初の目的だったけど、諦めて武士になることを目指していた才蔵さん。融仙院が現れてからは当初の目的の仇討ちが最優先の目的となります。その目的と真田忍としての役目を天秤にかけたときに優先すべきとしたのは仇討ちでした。この時のこれは本心だったと思います。

途中で信繁の叔父を暗殺しようとしたのもひいては仇討ちに繋がるからですが、再戦となれば信繁のためにもなるということも本気で信じての行動だったと思います。良くも悪くも目的に対してぶれることなく前進していく方でした。

それがヒロインとの邂逅により少しずつ心境の変化が起こっていきます。最終的には決戦前に信繁と共に行くかどうかを迷ってくれたことにじーんときた。

 

ヒロインが捕まっちゃった時の奪還シーンのヒーローっぷりが素晴らしかった。真紅の焔の作中すべてで1,2番を争うほど好きなシーンになりました。

その後の「融仙院にひどいことされたか?」「縛られていただけです」「オレでさえした事がないのにな」の返しにニヤニヤしながら笑いました。縛りたいの???可愛い嫉妬心に萌え。

ヒロインちゃんの性格上言うことはないのでしょうが、本当はお腹思いっきり蹴られたことも伝えてたらどんな反応が返ってきていたのかも気になる。1000倍返しくらい余裕でやりそう。

 

九度山から才蔵さんは完全に六実のこと大好きですね。思ってること素直に言ってくれすぎます。六実ちゃんも無事に「オレのくノ一」洗脳完了されちゃいました。

私、才蔵さんルートでは「上忍とくノ一」という関係が良くわかっていませんでした。このあと佐助ルートで忍者ルール?的なのが分かって、あらためて才蔵さんの「オレのくノ一」にぎゃーーーーってなりました……(*´Д`)

 

そして最後の告白シーン!!「愛してる」とはっきり告げてくれたことに感無量…。

真っっっすぐに想いを伝えてくれました。しぬ。

 

袂を分かつときの才蔵から信繁への感謝の言葉にも感動した。

あとすごく気になったのですが、一瞬だけ淀の方に敬語になったのは何だったのか。才蔵が敬語!!!ってなってすぐにそうでもなくなったから思わずつっこみました。

 

最後は皆の元に行けなかったものの変わりに信繁が一番したかったことを果たそうとする才蔵さん。実は信繁ガチ勢な才蔵さんが大好きです……。

 

そして終章。……の衣装チェンジがすさまじいwwwwww

爽やかすぎて一瞬誰?ってなりました(笑)完全に憑き物が落ちてすっきりとしたお顔になってました。

最後は武士という身分にこだわらず、ただ信繁の代わりを務めようとする才蔵さんに感服。ただ1人と決めた主君に最後まで忠義を尽くすのは、誰が何と言おうと既に立派な武士ですよね。

 

子供できちゃった枠は才蔵さんでしたとさ。

霧隠才蔵 悲恋END

忍法帳より「9章その2」を選択。

 

「好感度低、輪度低」の設定で進むと悲恋ENDでした。誰一人として生死の分からない物悲しいENDでした。

エンディングの歌がとても好きなのですが、悲恋ENDで流れるボーカル無のピアノVerも素敵ですね。インスト入りのCD欲しい。

 

******

次は鎌之介の感想になります!

 

P.s. 才蔵と信繁・佐助の出会いっていつかFDとかで見れたりするんですかねえ。

あと才蔵さんの目を見開く表情差分がなんだか可愛くて好きでした。

f:id:soregashix:20180711004708j:plain