某の乙女ゲーム遊戯録

アラサー喪女の乙女ゲーム堪能記録。

CharadeManiacs(シャレマニ) 萬城トモセ 感想

CharadeManiacs(シャレードマニアクス)

萬城トモセ(CV:鈴村健一)の感想です。ネタバレ注意。

ヒロイン専属のホームセキュリティもといナイト。いろいろと不憫な子。

 f:id:soregashix:20180906020043j:plain

⇒攻略はこちら(シャレマニ 萬城トモセ 攻略)

 

ネタバレあり感想です。このゲームはキャラ同士の秘密の繋がりなどもあり、ネタバレを見てしまうとゲームの楽しさが半減してしまいます。コンプリートした方以外は閲覧をお控えください。しつこいですがコンプ前に見ると本当に後悔します。

萬城トモセ 個別ルート感想

トモセくんは……不憫な子でしたね。それに尽きる。そんでもって強固なセ○ム。そしてひたすらに一途でした。こういうとき絶対に信じられる存在って心強くてありがいですよね。私もこの人だけは配信側じゃないと信じていたので安心してプレイできました。逆にこの人が敵側だったらもう誰も信じられない。

 

異世界に連れてこられる前から、夏休みの旅行は2人がいいなどはっきり言葉で伝えているもののヒヨリちゃんにうまくかわされてしまう。幼なじみテンプレのような2人の恋のお話でした。

と思ったらこんなに早く告白!?とびっくりもさせられました。そのあとトモセくんの決意もむなしく異世界に連れ去られてしまうんですが(;’∀’)せっかく気持ちを告げる決意を固めたのに、初っ端から不憫すぎる。

 

異世界配信がスタートして初めのドラマの、件のキスシーンは前からPVやOPで見たことがあったものの、こんな展開だったとは予想外でした。

トモセくんはヒヨリちゃんと別の誰かの恋愛ドラマを見るのも複雑だったことでしょう。他の攻略キャラは後から彼女のことを好きになりますが、ずっーーーと好きだった子の恋愛シーンをはじめから見せられるのはトモセくんだけです。こういうところも不憫だよ…。他ルートだとトモセくんは他のキャラ以上にあまり関わってこないようになるけど、自分以外の誰かがヒヨリちゃんと恋人同士になるのを見るのは辛いよね…。この先他ルートでトモセくんを見ると切なくなりそうです(´;ω;`)

 

他ルートでのトモセくんといえば、1000ポイントのご褒美も当たり前のようにヒヨリに譲ろうとしたり、これでフラれるのは何度目か、と自嘲気味に笑ったりと。何度も言って申し訳ないけどやっぱり損なポジションですね…。

f:id:soregashix:20180906114832j:plain

 

そんなトモセくんですが、ヒヨリに対してどこまでも一途です。行動の全てがヒヨリのためで。そして彼女と一緒にいたいから、対等でいたいから異世界に残りたいとまで思うくらいに。

「お前がいる世界だけが俺のいるべき世界だ」なんてセリフもありました。誰かが「信仰」と言っていたけど、その表現も過言ではないかなあと。

ヒヨリちゃんはそんな彼の帰りたくないという気持ちをはき違えて、この世界がそうさせているのだと完全に思い込んでしまっています。

こんな状態の2人がすれ違うのは当たり前な訳で。ヒヨリちゃんがトモセくんのことをスポンサーと疑いだしてしまったのはちょっと待ってー!!となりました。そうじゃないだろうと(´;ω;`)

ヒヨリも実は一切トモセの気持ちに気付いていなかったわけではなくて、気付いているけど認めたくなかったようです。関係を崩したくなかったから、現状維持でいたかった。幼なじみという心地よい関係から変わるのが嫌で、戻れなくなるのが嫌だったと。

トモセくんはそんな幼なじみという関係を盾にして逃げ続けているヒヨリちゃんに対して自分のことをちゃんと見て考え欲しいとずっと願っていました。それもかなわず、感情がいきすぎてヒヨリに固執するあまりに本来の自分を見失ってしまいました。別人のトモセくんは信じられない、信じられない人は好きになれない、と正直な気持ちを告げられ。

 

感情を失ったはずのヒヨリちゃんが、彼の話を聞いて「生きて欲しい」と自分の言葉を告げて手を握ったシーンには感動しました。

長い喧嘩も終わって、2人は向き合うために一歩を踏み出します。トモセも異世界に来るまではずっと拒まれるのが怖くて一歩を踏みだせなかった。ヒヨリは幼なじみの関係にずっと甘えていた。はじめは間違っていたとしても、トモセがこの世界に来て行動したことは確実に無駄ではなかったと思います。それがきっかけでヒヨリもトモセと真っすぐに向き合うことができるようになったんだと。

現実に戻って役者になる、新しくヒヨリと交わした「約束」を守るために最終ゲームに挑んでいくトモセくんがかっこよかった。ゲームも緊張感があってはらはらさせられ、見ていてとても楽しかったです。

シャレマニはただではハッピーエンドを迎えさせてくれないので、毎回何がおこるかドッキドキです。このルートでは最後に凝部くんに色々と持ってかれたような気がしなくもないですが(;’∀’)ますます凝部くんが気になってきた今日この頃。

 

そしてトモセくんは可愛いところがたくさんありましたね♪

双巳さんに制服を着せるお掃除班のイベントで、ヒヨリが双巳さんを褒めたことにむっとするトモセくん。その後ヒヨリちゃんが、トモセくんと通うのが楽しいから今のままでいい、と言ったのを聞いて「ドヤァ(*`∀´)」っとするトモセくんとか。

二度と口聞いてあげない、とヒヨリちゃんに言われて即座に黙るところとか。

一緒に行く?というヒヨリちゃんからの誘いに、行く、と嬉しそうに即答するところとか。

トモくん、とあだ名で呼んだだけでめっちゃ照れるところとか。その前にドラマなら恋人同士でも~とか大胆に迫ってきたくせに(*´Д`)

最後で、一つだけ嘘をついていたという明瀬くんへの対抗心も可愛かったですね!

あと一番お気に入りなのが感情を奪われたヒヨリを笑わせようと凝部のマネをするトモセ。しゅぼぼ。

f:id:soregashix:20180906114016j:plain

 

幼なじみ同士の甘酸っぱい恋模様を楽しめる、ザ・乙女ゲームなルートでした♪

 

⇒感想一覧ページへ